港区で未来を描きたくなるコラム

港区の商店街を身近に感じながら、賃貸オフィス物件さがし

文 : 浅見 直希

東京都港区には5つのエリアがあり、それぞれのエリアは大まかにではありますが、ある種の性格付けをすることができると思います。

[港区芝地区]
日本のビジネスの中心地と言っても過言ではない「港区芝地区」。虎ノ門や新橋にはハイスペックな賃貸オフィス物件が豊富に建ち並んでいます。
[港区赤坂地区]
「港区赤坂地区」には、明治時代より料亭や迎賓館が建てられ、現在でも繁華街としてのきらびやかを失ってはいません。
[港区麻布地区]
江戸時代より大名屋敷や武家屋敷が軒を列ね、その跡地は大使館などに利用。エクゼクティブな雰囲気を漂わせつつも、一方でレトロな店舗が息づく下町も保存している「港区麻布地区」。
[港区芝浦港南地区]
流通の一大拠点を担う首都圏の海の玄関口・「港区芝浦港南地区」。再開発も活発に進められ、大型のマンション・賃貸オフィス物件が天を衝いています。
[港区高輪地区]
東西で雰囲気を異にする「港区高輪地区」。東の高輪エリアは文化財溢れる歴史エリアとしての表情を見せ、一方、西の白金エリアは閑静な住宅街として有名です。

さて、そんな個性的な港区の各地区ですが、そこには、色々な性格の商店街を目にすることができます。
たくさんの人で溢れ返り多くの店舗が軒を連ねる商店街、レトロで懐かしさを催さしめる商店街、そして、地域のつながりが深く息づく商店街、などと様々ありますが、そんな中からお気に入りの商店街を見つけて、そのごひいきの商店街の近くで賃貸オフィス物件、賃貸テナント、貸店舗を探してみるというのも、面白い賃貸オフィス物件、レンタルオフィスさがしのアプローチかもしれませんね。

港区の商店街の取り組み、地域で巡らすスマイルの輪

港区では「港区商店街連合会」が中心となって、港区内にある商店街の活動を盛り上げています。58の商店会が集まって構成されているこの「港区商店街連合会」では、「みなとスマイル(MINATO SMILE)」というポータルサイトの運営を通して、商店街の活性化に向け様々な活動に取り組んでいます。

そのひとつが、「港区スマイル商品券」。これは港区内の店舗や商店共通で使える商品券で、10%のプレミアムがついています。また、ネットショップ「ミ〜モ」でも購入可能で、このプレミアム商品券は、港区民にとって大変ありがたい存在として重宝されています。

「港区商店街連合会」は、先人たちが営々と築き上げてきた商店街を、未来に残すべきかけがえのない文化とみなして、日々活動を続けています。ただ商品を買う場所としての商店・店舗の連なりではなく、人とカルチャーがつながる場としての商店街を保存していこうとしているんですね。
そんな港区の商店街を身近に感じられる場所に賃貸オフィス物件やレンタルオフィス、賃貸テナント、貸店舗を求め、港区のコミュニティのぬくもりに触れながら働いてみるというのも、乙なことだと思います。

豊富なラインナップ、個性豊かな港区商店街

それでは具体的に、港区にはどんな商店街があるのでしょうか?
「赤坂・青山エリア」、「新橋・大門エリア」、「麻布・六本木エリア」、「白金・白金台・高輪・品川エリア」、「芝・芝浦・三田・お台場エリア」の5つに分けて列記してみましょう。

【赤坂・青山エリア】
・赤坂溜池商店会(港区赤坂一丁目)
・エスプラナード赤坂商店街振興組合(港区赤坂二・三丁目)
・赤坂みすじ通り会(港区赤坂二・三丁目)
・赤坂一ツ木通り商店街振興組合(港区赤坂三・四丁目)
・赤坂通り中央会(港区赤坂二・三・五丁目)
・青山表参道商店会(港区北青山三丁目、南青山三・五丁目)

【新橋・大門エリア】
・新橋駅前ビル商店会(港区新橋二丁目)
・ニュー新橋ビル(港区新橋二丁目)
・新橋西口通り共栄会(港区新橋三丁目)
・新橋赤レンガ通り発展会(港区新橋二~五丁目)

【麻布・六本木エリア】
・有栖川宮記念公園前(港区南麻布四・五丁目)
・麻布十番商店街振興組合(港区麻布十番一~三丁目)
・初音商店会(港区東麻布二丁目)
・六本木商店街振興組合(港区六本木三~七丁目)

【白金・白金台・高輪・品川エリア】
・高輪泉岳寺前商店会(港区高輪二丁目)
・清正公前(港区白金台一丁目他)
・白金プラザ会(港区白金一丁目)
・高輪台商店会(港区白金台二丁目、高輪三丁目)
・品川駅港南商店会(港区港南一・二丁目)
・プラチナ・ストリート・セラーズ(港区白金台四・五丁目、白金六丁目)

【芝・芝浦・三田・お台場エリア】
・三田商店街振興組合(港区三田一・二丁目、芝五・三丁目)
・森永エンゼル街(港区芝五丁目)
・芝浦商店会(港区芝浦三丁目)
・慶応通り振興会(港区芝五丁目)
・デックス東京ビーチテナント会(港区台場一丁目)
・アクアシティお台場テナント会(港区台場一丁目)

これは一部を列挙したまでですが、それでも随分な数があることがわかりますね。

商店街というと、道路の両脇に店舗が連なり、ときにアーケードが設置されていたり、歩行者天国になっていたり、あるいは歩道の敷石の模様が変わっていたりと、そんなイメージが強いだろうと思います。そういった商店街は、いわゆる「横の百貨店」と称されるものです。そこを歩いていると、道の両側に並ぶ店舗から揚げたてのコロッケの香りや八百屋さんの威勢のいい声などが、鼻と耳をやんわりと刺激してくる。そんな昔ながらの典型的な商店街がイメージされます。

しかし、商店街には、実を言うと明確な定義は存在しないのです。例えば上で記した「ニュー新橋ビル(港区新橋二丁目)」や「森永エンゼル街(港区芝五丁目/JR田町駅森永プラザビル)」、「アクアシティお台場テナント会(港区台場一丁目)」などは、店舗が集積する集合商業施設とも言える形態ですが、これも商店街に含まれていたりします。地下街などもしかりです。

商店街の息づかいを感じつつ、港区で賃貸オフィス物件をさがそう!

さて、様々な商店街を紹介してきましたが、それらには形態の違いや、新旧の差こそあれ、それぞれが港区の中での各地域の性格を深く宿して誕生したものには違いありません。

地域の息づかいと共にある「商店街」という場所を身近に感じながら、港区でビジネスを展開する意味を思う。そんな視点を持ちながら、港区で賃貸オフィス物件やレンタルオフィス、貸店舗を探してみるというのも、オフィス移転・賃貸探し・物件選びのアプリーチとしては面白いかもしれませんね。

文 : 浅見 直希

港区コラム一覧に戻る